相続人の一人が行方不明で、相続手続が止まってしまっているケース

(人物関係)

   父の相続(母は既に死亡)→  子供5名(うち1名が行方不明)

 

相談内容

 両親が亡くなり、きょうだい5名で遺産分割協議を行う必要が生じましたが、兄弟のうちの一人が行方不明になっており、遺産分割協議を行うことができず、また所在すら分からないため進めようがありません。どうすれば良いでしょうか?。

 

解決策

 不動産や各種金融資産等の名義変更に当たっては、相続人全員で遺産分割協議等を行い、遺産分割協議書に実印で押印し印鑑証明書を添付することが必要です。

相続人の中に行方不明者がいる場合には、失踪してからの期間に応じ、家庭裁判所に失踪宣告申立てを行い、死亡したものと見做して手続を進めたり、家庭裁判所に不在者財産管理人選任申立てを行い、選ばれた不在者財産管理人が行方不明者の代理人となって遺産分割協議に参加してもらう方法などがあります。

このケースでは、不在者財産管理人を選任後、手続きを進めていき、無事遺産分割協議が成立し相続手続きを完了することができました。

未分類の最新記事

相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP