亡き父を債務者とする抵当権付不動産を相続したのですが、不動産 のみならず債務も引き継ぐことになるのでしょうか?

相談内容

 父の遺産の中に自宅があり、この購入資金としてA銀行からの住宅ローンが約1,000万円残っていて、この自宅にはA銀行の抵当権が設定されています。父の遺言では、この自宅と債務は私(長男)に相続させる、となっており、他の共同相続人である母も妹も異存ないと言っています。

なので父の遺言のとおり処理しようと思うのですが、抵当権者であるA銀行の承諾が必要でしょうか。

 

アドバイス

 遺言で相続分の指定があった場合でも、「債務」に関しては債権者の承認がない限り、相続による承継を債権者に主張することはできません。つまり、債務は法定相続分の割合に従って承継することになります。よって、本事例の場合、父が遺言書で「長男に債務を相続させる」としていても、その内容に銀行が拘束されることはありませんので、銀行は、母と妹にも法定相続分の割合に相当する債務金額を請求できます。

一方、遺言書の内容に従い長男が自宅を相続することには何ら問題なく、抵当権者である銀行の承諾も必要ありません。

住宅ローンについては、共同相続人と銀行とで話し合いをし、母と妹の債務を含む全ての債務を長男が引き受ける、とする「免責的債務引受契約」を締結する方法を検討することになるでしょう。

相続1の最新記事

相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP