団体信用生命保険付き住宅ローンの抹消

相談内容

 自宅の抹消登記をお願いに来られたAさん。Aさんの夫Bさんは先日病気で亡くなりました。

Aさんは、自宅の購入時に、団体信用生命保険付きの住宅ローンを組んでいたので、ローンの残額はそちらで完済されたそうです。

 後日金融機関から、住宅ローン完済に伴う抵当権抹消の書類が送られてきたので、当事務所に抹消登記の依頼に来られました。

 ところが、登記簿を調べてみると、自宅がまだBさんの名義のままとなっていたのです。

 この場合、そのままの状態で抹消登記をすることが出来るのでしょうか?

アドバイス

 登記簿上は亡くなった方の名義のままになっており、このままでは抵当権の抹消ができません。

 「先ずは自宅の相続登記と共に進める必要があります」とのアドバイスを行いました。

 このように抹消登記を行なおうとしたら相続登記をしていなかったというケースで事務所へ相談に来られる方が多いようです。

 当事務所では、相続登記が絡む抹消登記も取り扱っておりますのでお気軽にご相談ください。

相続1の最新記事

相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP