解決事例一覧

団体信用生命保険付き住宅ローンの抹消

相談内容  自宅の抹消登記をお願いに来られたAさん。Aさんの夫Bさんは先日病気で亡くなりました。 Aさんは、自宅の購入時に、団体信用生命保険付きの住宅ローンを組んでいたので、ローンの残額はそちらで完済されたそうです。  後日金融機関から、住宅ローン完済に伴う抵当権抹消の書類が送られてきたので、当事務所に抹消登記の依頼に来られました。  ところが、登記簿を調べてみると、自宅がまだBさんの名義
続きを読む >>

義母の相続手続に着手したのですが、私に相続権があるのか?義母との養子縁組も  まだ確認はしていませんが・・・。

  相談内容  Aさんは実父(死亡)の再婚相手であるCさんの相続依頼のため来所されました。  AさんはCさんと養子縁組がされており相続手続きはスムーズに行くと思っておられました。ところが、戸籍で確認した結果、両者は養子縁組がされておらず、Aさんが相続人でないことが判明。さらに、Cさんの両親は既に他界し、兄弟姉妹もいない、つまり相続人が一人もいないことも判明したのです。  相続人がいない
続きを読む >>

亡き父を債務者とする抵当権付不動産を相続したのですが、不動産 のみならず債務も引き継ぐことになるのでしょうか?

相談内容  父の遺産の中に自宅があり、この購入資金としてA銀行からの住宅ローンが約1,000万円残っていて、この自宅にはA銀行の抵当権が設定されています。父の遺言では、この自宅と債務は私(長男)に相続させる、となっており、他の共同相続人である母も妹も異存ないと言っています。なので父の遺言のとおり処理しようと思うのですが、抵当権者であるA銀行の承諾が必要でしょうか。   アドバイス
続きを読む >>

相続人の一人が行方不明で、相続手続が止まってしまっているケース

(人物関係)    父の相続(母は既に死亡)→  子供5名(うち1名が行方不明)   相談内容  両親が亡くなり、きょうだい5名で遺産分割協議を行う必要が生じましたが、兄弟のうちの一人が行方不明になっており、遺産分割協議を行うことができず、また所在すら分からないため進めようがありません。どうすれば良いでしょうか?。   解決策  不動産や各種金融資産等の名義変更に当たっては
続きを読む >>

相続で揉めないよう、生前贈与しようとするケース

相談内容  私には、A・B・C3人の子供がいます。長男Aと二男Bはそれぞれ東京で就職し、家族共々東京で生活しています。一方、長女Bは私の近くに住んでいて、しばしば顔を出して何かと身辺の世話をしてくれます。 私がいなくなると、遺産をめぐる争いが起きてこの自宅もどうなるか分かりません。ならば、今のうちにBに贈与しておく方が良いと思うのですが・・。   アドバイス  確かに、親が(その
続きを読む >>

高齢ゆえに遺産整理もままならないケース

相談事例   子供さんがいない夫婦のケース。相続人は配偶者である夫Aと亡くなった奥様のきょ  うだいと甥・姪で総勢10名でした。   奥様の遺産はAさんと共有名義の不動産(自宅)と預貯金でした。奥様のきょうだいと  甥・姪のうち、数十年音信不通の方や、全く面識が無い方がおられました。Aさんと二  人で築いた財産であり、できればAさんが全ての財産を引継ぎたいと希望されていまし  た。
続きを読む >>

遺産分割の話し合いに乗って来ないケース

相談内容 主人が亡くなり、私(妻)と長男、二男の3人が相続人です。夫の遺産は、自宅の土地建物の他には調整区域に畑が1筆。入院加療の期間が長かったため、ほとんど預貯金はありません。 遺産分割方法としては、私が自宅を相続し、長男と二男には200万円ずつ手持ちの中から渡そうかと考えています。私も老後のことを考えると不安で、そんなに子供たちにお金を渡せません。ところが、長男はそれで良いと言ってくれるの
続きを読む >>

遺言者の意思と、受ける者の気持ちに微妙なズレがあるケース

相談内容 先日、兄である長男が他界され、奥さんや子供は無く、両親も既に亡くなっているので、相続人は妹と甥・姪(亡くなった姉の子ども)と弟の4人です。遺品整理していて出てきた遺言書を持参されました。それによると、「遺産の全てを、妹と内縁の妻Aに2分の1ずつ相続させる」と書いてありました。遺産は、預金だけで不動産はありませんでした。妹さんとAさんは殆ど交流がなかったので、間を取り持って欲しい、とご依
続きを読む >>

養子の子の場合、祖父の遺産を相続することができるでしょうか?

相談内容  祖父(甲)が平成3年7月7日に亡くなりました。甲の子供は、養子の父(乙)と 叔母(丙)の二人です。父の子は私Aと妹のBです。若干関係が複雑なので時系列 でご説明します。  ①昭和54年1月1日 A出生 ②昭和55年3月3日 甲と乙が養子縁組 ③昭和57年2月2日 B出生 ④昭和60年1月1日 父乙死亡 ⑤平成3年7月7日 祖父甲死亡  Q 祖父の相続人は、叔母丙と代襲相続人である私
続きを読む >>

自筆の遺言書らしき便箋が出てきて、使えるかどうか確認したいケース

相談の経緯 甲・乙・丙3人兄弟の甲が亡くなりました。甲は生涯独身でした。甲のマンションの引出しから、直筆の遺言書らしき便箋1枚が見つかり、この遺言書は使えるのでしょうか?と丁が相談に訪れました。遺言書を拝見すると諸々書かれていましたが、①『マンション(○○○*地名のみ記載)は、丁に相続させる。』②『預貯金は乙・丙・丁の3人で等分すること。』の2点が法的効果を持つ記述でした。   ア
続きを読む >>

不動産が祖父名義のままで、まだ相続手続が済んでいないケース

相談事例  ①先代名義の宅地の相続 ②相続人の中に先妻との子がいる場合の遺産分割協議の方法(代償分割)   相談の経緯  夫甲が亡くなり、自宅の名義を変えたい。しかし、自宅の名義は甲の父乙の名義のままになっています。相続人のうち甲の兄弟との間では、甲が相続しその後自分Aが相続する、ということで話がついているのですが、先妻との子丙はあくまで自己の法定相続分を要求しています。甲の
続きを読む >>

亡くなった父親には実は離婚歴があり、その隠し子(異母兄弟)との相続をするケース

(ア)状況 亡くなった父(酒井誠司さん)名義の預金が200万円程度あるが、異母兄弟と疎遠の長男健太さんは、遺産分割の話を持ち掛けることに消極的で、放置しても 構わないとのことでした。このままでは預金が塩づけとなってしまうため、何とかできないかと、銀行からご相談がありました。 (イ)司法書士の提案&お手伝い まずは相続人を確定し、相続財産の開示、分割案の提案をされることをお勧めしました。
続きを読む >>

相続人同士で被後見人と後見人の間柄になっており、特別代理人を選任して無事に遺産分割を成立させたケース

相続人同士で被後見人と後見人の間柄になっており、特別代理人を選任して無事に遺産分割を成立させたケース (ア)状況 ①父・川口猛さんが亡くなり、相続人は母恵子さんと長男正志さん、二男正雄さんの三人でした。49日の法要も済み、猛さんの遺産相続手続きを進めたいとご家族で来所されました。ところがヒアリングをする中で、恵子さんは認知症を発症しており、長男の正志さんがその後見人となっていることが判明し
続きを読む >>

固定資産税納付書が届かなかったために、被相続人(死亡者)の土地がどこに合うかわからないケース

固定資産税納付書が届かなかったために、被相続人(死亡者)の土地がどこに合うかわからないケース (ア)状況 熊本県に住む米沢幸太さんは、林道を敷設のために買収にかかった役所からの連絡で、同地域に亡き父・慎太郎さん名義の山林があることを知らされました。 数年前に相続手続きはすべて済んでいると思っていたため、相続していなかった残りの山林の土地は、どうすればよいのかについてのご相談で来所されまし
続きを読む >>

相続人が全員遠方に住んでいるため、土地を必要とする者がいない。そのため土地を売却し、現金を分けたケ―ス(換価分割)

相続人が全員遠方に住んでいるため、土地を必要とする者がいない。そのため土地を売却し、現金を分けたケ―ス(換価分割) (ア)状況 坂口四郎さんの相続人は4人の兄弟姉妹でしたが、うち兄の茂さんと姉妹の朝子さん、南さ んは既に亡くなっており、その甥姪は全員他県に居住しているため、土地を相続する方がいませんでした。そこで坂口さんの弟である森田さんは、土地を売却し てお金を分けるしかないと相談に来所
続きを読む >>

広い土地を広大で相続したが、遠方に住んでいるため土地を分筆して売却したケース

広い土地を広大で相続したが、遠方に住んでいるため土地を分筆して売却したケース (ア) 状況 ①300坪程度の土地を兄弟の小野裕史さん、孝之さん、弘樹さんの3人で相続しましたが、その土地の西側に二男の孝之さんの自宅が建っていました。 ②長男の裕史さんと三男の弘樹さんは遠方に住んでいるため土地に執着がなく、現金が欲しいと思っています。 (イ)司法書土の提案&お手伝い ①土地家屋調
続きを読む >>

子供のいない夫婦で、どちらか亡くなった場合に財産を配偶者だけに渡すために遺言書を遺すケース

子供のいない夫婦で、どちらか亡くなった場合に財産を配偶者だけに渡すために遺言書を遺すケース (ア)状況 ①子供のいない50代の的場さんご夫婦は、自分が亡くなった後の配偶者のことがお互いに気にかかる様子で、遺言書を作っておきたいと来所されました。 ②「旅行中に同時に死亡した場合はどうなるのですか?」との質問を受けました。 (イ)司法書士の提案&お手伝い ①お互いに遺言書を作るだけでは、
続きを読む >>

自分の死後、家族同然のペットの世話をしてもらう代わりに財産を譲る遺言を書くケース

自分の死後、家族同然のペットの世話をしてもらう代わりに財産を譲る遺言を書くケース (ア)状況 ①独身の健治さんは、父幸雄さんの相続で兄弟との関係がギクシャクし、自分に何かあった時には兄の充さんしか頼れないと実感しています。遺言書をつくりたいと来所されました。 ②自分が亡くなったときに気掛かりなことは、かわいがっている愛犬のことです。 (イ)司法書士の提案&お手伝い ①財産を譲る代わ
続きを読む >>

兄弟姉妹がたくさんおり、相続人だけで20人ほどの大人数になってしまったが、粘り強く解決へ導いたケース

兄弟姉妹がたくさんおり、相続人だけで20人ほどの大人数になってしまったが、粘り強く解決へ導いたケース (ア) 状況 妻に先立たれ一人暮らしをしていた辰夫さんが亡くなり、県外にいる実弟礼二さんから相続手続きの相談がありました。 (イ)司法書士の提案&お手伝い ①辰夫さんのご兄弟8人で、中には既に亡くなっている方もいるとの事だったので、(1)相続人を確定すること(2)財産目録を調整すること
続きを読む >>

ドッグアジリティー大会観覧

ドッグアジリティー【2016/9/13(月)】 先日、南阿蘇村の実家に帰省した際、道の駅「あそ望の郷くぎの」で行われていたドッグアジリティーの大会を観覧してきました。 「ドッグアジリティー」とは、犬と人間が調和を取りながら、コース上に置かれたハードル、トンネル、シーソーなどの障害物を、定められた時間内に着実に次々にクリアしていく競技で、いわば犬の障害物競争のことです。 参加している犬たち
続きを読む >>

相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP