自筆の遺言書らしき便箋が出てきて、使えるかどうか確認したいケース

相談の経緯

甲・乙・丙3人兄弟の甲が亡くなりました。甲は生涯独身でした。
甲のマンションの引出しから、直筆の遺言書らしき便箋1枚が見つかり、この遺言書は使えるのでしょうか?と丁が相談に訪れました。

遺言書を拝見すると諸々書かれていましたが、
①『マンション(○○○*地名のみ記載)は、丁に相続させる。』
②『預貯金は乙・丙・丁の3人で等分すること。』
の2点が法的効果を持つ記述でした。

 

アドバイス

1)まずは、家庭裁判所で遺言書の検認手続を受けることが必要です。
2)次に、家庭裁判所で丁を遺言執行者に選任する手続を行なうこと。
3)遺言書の記載ではマンションの特定が不十分なので、遺贈の登記が出来ない可能性があります。(法務局で事前協議が必要です。)
4)出来ない場合は、共同相続人乙・丙で遺産分割協議を行い、乙か丙もしくは乙丙の共有名義にすることになり、丁は協議の席から外れることになります。
5)その場合、丁がマンションを所有したければ、相続した方(乙か丙)から贈与してもらうか買取りせざるを得ません。

相続1の最新記事

相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP