遺産分割の話し合いに乗って来ないケース

相談内容

主人が亡くなり、私(妻)と長男、二男の3人が相続人です。夫の遺産は、自宅の土地建物の他には調整区域に畑が1筆。入院加療の期間が長かったため、ほとんど預貯金はありません。

遺産分割方法としては、私が自宅を相続し、長男と二男には200万円ずつ手持ちの中から渡そうかと考えています。私も老後のことを考えると不安で、そんなに子供たちにお金を渡せません。

ところが、長男はそれで良いと言ってくれるのですが、二男がウンともスンとも言ってきません。金額に対する不満なのか、他に財産を隠しているのではないかと思っているのか、いずれにせよ何を考えているのやらサッパリ分かりません。

 

アドバイス

遺言書がない場合は、共同相続人間での話し合い(つまり遺産分割協議)をしない限り解決の道はありません。にもかかわらず、その話し合いにすら応じようとしない相続人がいるケースも見受けられます。

応じない理由でも表明してくれればまだ歩み寄りの余地はあるのでしょうが・・・。

こんな場合には強制的に話し合いのテーブルに付いて貰うしかないでしょう。まずは、遺産分割の調停を家庭裁判所に申し立て、それでも不出頭の場合は、裁判官が関与する家事審判手続きに移行する方法をとることになります。

ただ、この場合は法定相続分を基準に審判が下されることが予想されますので、期待通りの結果が得られない可能性があることをご承知置き下さい。

遺産分割調停の申立書作成を支援。

 

相続1の最新記事

相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP